本文へ移動

公益社団法人 益田青年会議所
〒698-0033
島根県益田市元町12-7
益田商工会議所3F
TEL.0856-22-5002
FAX.0856-22-5606
E-mail.
masudajc@soleil.ocn.ne.jp


 
 
6
0
5
7
2
1

2020年度 例会・総会

9月合同例会

皆様、こんにちは。
9月18日に一般社団法人萩青年会議所とWEBにて合同例会を実施しました。

6年ぶりの合同例会ということで、萩青年会議所の江山理事長と、益田青年会議所の大畑理事長より、開催に至る想いを伝えて頂き、両青年会議所の英知と知識を合わせ、山陰を盛り上げていこうと挨拶を頂きました。
 
例会において、益田青年会議所の正会員認証式もあり、有限会社花一さんから野室京佑君の入会が認証されました。
また、6月に入会されました丸子知明君が55周年特別委員会へ配属となり、事業に向けて尽力していきたいという力強い言葉を頂きました。
 
また、例会運営では両青年会議所の本年度の取り組みの発表を行い、その後のグループワークでは、両青年会議所の取り組み対して質疑などの意見交換を行いました。
お互いの考え方や知識を共有する場となり、この日に得た気付きを通して、今後の萩・益田地区の活性化に繋げていきたいと思います。

そして、3分間スピーチが行われ、会員開発委員会の岩見基史君と55周年特別委員会の出雲一樹君がスピーチを行いました。

8月例会・第115回定時総会

皆様、こんにちは。
8月21日(金)19時より、8月例会・第115回定時総会が開催されました。
今月はコロナウィルスの感染拡大防止予防対策として、オンラインでのZoomを利用したWEB例会を実施いたしました。
冒頭理事長挨拶では、コロナ禍の状況下で、混沌とした時代に対して我々益田青年会議所は立ちどまるのではなく数々の問題に挑戦し、プラスに変換をしてきたいと力強い挨拶をされました。
また、今月は新入会員として坂田右京(さかた うきょう)君を迎える事が出来ました。
また定時総会にて2021年度の理事長、監事、理事の各予定者の承認も行い、次年度に向けて各々の使命を新たに今年度の決意を再度認識できた例会・総会になりました。
理事長予定者 山本学君の挨拶では、この状況の中で変化を恐れず前に進んで行きたいと挨拶を頂きました。
 
3分間スピーチでは、会員開発委員会 小河吉彦君、55周年特別委員会 大畑文誉君、55周年特別委員会 青木美穂君、総務広報委員会 高橋知子君、55周年特別委員会 山下裕正君、55周年特別委員会 森本啓介君がスピーチを行いました。
 
今月はWEB会議の中で100%例会を達成することができました。
新しく仲間を迎え、今後も感染防止対策に万全を期して邁進して参ります。

2020年度 7月例会

7月17日(金)19時より、7月例会が開催されました。
今月は会員の密閉・密集・密接の3密を避けるため、スクール形式に十分な間隔を取って椅子を配置し、マスク着用・換気の対策を講じた上でZoomを併用して実施しました。
 
冒頭理事長挨拶では、会場で通常行っている商工会議所で「相集い」例会を行う事について話をされました。また、7月例会時に実施される選考委員選出選挙について、2021年度に向けて進み始める大切な選挙であるとの話をされました。
 
また、毎年7月例会では、次年度の理事長予定者、監事予定者を選出するための選考委員会を構成する委員の選挙が行われています。しかしながら、本年はコロナウイルスの影響により会員が会場に集まれない事が危惧されたため、事前に郵送による不在者投票を行い選挙を実施しました。
理事長による選挙結果発表の後、斎藤崇君が選考委員長として選出されました。8月例会で各予定者を報告するため、選考委員会にて役員の選任を行っていきます。
 
そして、3分間スピーチが行われ、会員開発委員会委員長 髙田翼君、55周年特別委員会 松永拓磨君、会員開発委員会副委員長 大谷幸子君、55周年特別委員会副委員長 平井健君、総務広報委員会 熊谷義男君、55周年特別委員会 岩井祐貴奈君、会員開発委員会 大谷和也君、総務広報委員会 髙野正彦君がスピーチを行いました。
 
また、本例会ではメンバー35名全てが出席となり100%例会達成となりました。

2020年度 6月例会

6月19日(金)19時より、6月例会が開催されました。
今月は会員の密閉・密集・密接の3密を避けるため、益田市市民学習センターに会場を変更し、マスク着用・換気の対策を講じて実施しました。また、会場での参加が難しい会員に対してZoomによるWEB開催を併用しました。
 
冒頭理事長挨拶では、新型コロナウイルスの移動自粛が緩和の方向に向かっている中で、会場で月に1回例会を行う意味について話をされました。
 
また、今月は、丸子知明君(徳栄建設株式会社)が入会されました。正会員認証式を行い、理事長よりバッジと認証書が受け渡されました。
そして、3月に入会した髙野正彦君が総務広報委員会、岩見基史君が会員開発委員会、森本啓介君が55周年特別委員会にそれぞれ配属されました。
 
そして、例会運営では55周年特別委員会による「中長期計画策定」というテーマで、55周年を迎え60周年に向けて、対内的・対外的な中長期計画を策定し、今後私達が進むべき方向性について例会運営を行いました。今月は3月、5月で示された対内的・対外的な課題や方向性について、議論・説明をしました。今月はその集大成として、対内的に 「今後、我々が どのような組織でありたいか」、対外的に「このまちが抱えている問題について、知識を深め、的確に把握し、このまちの発展に資する社会開発運動の方向性」を定め、発表しました。
 
そして、3分間スピーチが行われ、会計理事の松本健志君、会員開発委員会委員の斎藤崇君がスピーチを行いました。

2020年度 5月例会

みなさん、こんにちは。
 
5月15日(金)19時より、5月例会が開催されました。
今月も新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、WEB例会で実施致しました。
 
冒頭理事長挨拶では、新型コロナウイルスの感染拡大状況について、徐々にではありますが減少傾向にあります。しかし決して油断してはいけない状況でもあります。そして今様々な事業の中止が相次いでいる中、私達の事業は全て延期という方向でいます。今出来る形で、全員で意見を出し合い懸命に行っていきましょうとお話されました。
 
また、2月に入会されました松永拓磨君と大畑文誉君が55周年特別委員会へ配属となり、この状況の中ですが事業に向けて尽力していきたいという心強い言葉を頂きました。
 
例会運営では、3月例会運営から引き続き55周年特別委員会による「中長期計画策定」というテーマで、3月では対内的に組織としての方向性について会員同士で意見を出し合いました。この中長期計画を策定する上でこのまちの課題や問題点を知ることは非常に重要になってきます。この5月例会運営では、このまちにおける課題と問題点を会員が再度認識する時間となりました。益田青年会議所として明るいまちづくりを目指す中、何が出来るのかを見極め、今後の中長期計画策定に取り組んでいきたいと思います。
 
そして、3分間スピーチが行われ、会員開発委員会の安田憲司君と総務広報委員会の田川大貴君がスピーチを行いました。

2020年度 4月例会

この度の新型コロナウイルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられている地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
 
益田青年会議所では4月17日(金)19時より、4月例会が開催されました。
今月はコロナウイルスの感染拡大予防対策として、オンラインでのWEB例会を実施致しております。
 
冒頭理事長挨拶では、非常事態宣言が出され日々全国的に新型コロナウイルスの影響が大きくなっている中で、益田青年会議所として「日付にこだわって実施すべきもの」と「形にこだわって実施すべきもの」とがあり、この例会の形について話をされました。そして、当初掲げた事業目的・内容を達成するために今一度所信を見つめ直し活動してほしいとの話をされました。
 
また、今月は1月に入会された山口峰君が総務広報委員会へ配属となり、今後の活動に精進して行きたいとの力強い挨拶がありました。
 
当初予定しておりました4月例会運営はグループワークを伴う内容となっており、延期と致しました。また、3分間スピーチもWEB例会の為、中止としました。
 
今後とも感染拡大防止に向け万全を期して邁進していきたいと存じます。
この困難を乗り越え、一刻でも早く事態が終息することを願っております。

2020年度 3月例会

3月20日(金)19時より、3月例会が開催されました。
今月は新型コロナウイルスの対策として全員がマスクを着用し実施しました。
 
冒頭理事長挨拶では、新型コロナウイルスの影響が大きくなっている中で、月に1回行う例会の意味について話をされました。
 
また、先月に引き続き3月より、髙野正彦君(株式会社ひょうま)、岩見基史君(岩見建設有限会社)、森本啓介君(株式会社森本建設)が入会されました。正会員認証式を行い、理事長よりバッジと認証書が受け渡されました。
 
例会運営では55周年特別委員会による「中長期計画策定」というテーマで、55周年を迎えるにあたり対内的・対外的な中長期計画を策定し、今後私達が進むべき方向性について例会運営を行いました。今月は対内的な方向性について、「会員同士が「対話」を大切にし、会員同士の輪をつなげ、会員同士がしっかりつながり和をもった組織となる」ことの大切さを説明し、グループワークで活発な意見を出し合いました。
 
そして、3分間スピーチが行われ、総務広報委員会副委員長の安野雄一朗君、55周年特別委員会委員の野村晃君がスピーチを行いました。

2020年度 2月例会

2月21日(金)19時より、2月例会が開催されました。
 
冒頭理事長挨拶では、現在JC宣言文の改訂を日本青年会議所が検討しており来年度、改訂が行われる可能性があると話されました。現状のJCI Creedや宣言文などについてきちんと意味を理解しておかなければ改訂される理由も理解出来ない為、しっかりと意義を理解して唱和することが大切であると話されました。
 
また、大変嬉しい事に2月例会にて、大畑文誉君(益田興産株式会社)が入会されました。新入会員認証式を行い、理事長よりバッジと認証書が受け渡されました。
 
例会運営では会員開発委員会による「意識変革~未来へつなげる会員拡大!~」というテーマで、会員拡大をしていく中一人ひとりが魅力を発信できる人財になるべく、改めてJCとはを考え学び、魅力を発信できる手法を学びました。グループワークでは入会歴の異なる会員と入会理由や入会して変わったことについて話し合い、改めて他者から見るJCの魅力について触れることができました。この魅力を多くの方に発信し、一緒に活動運動していく仲間を増やしていきたいと思います。
 
そして今年度初めての3分間スピーチが行われました。今年のスピーチテーマは時事問題を取り上げ、相手に伝わるスピーチ能力を身に付けてもらいます。
総務広報委員会委員長の村木博君が「高齢者の運転免許証返納について」スピーチを行い、会員開発委員会委員の三保匡由君が「キャッシュレス社会について」スピーチを行いました。

1月例会・第114回定時総会

みなさん、こんにちは。

1月24日(金) 1月例会・第114回定時総会が、22名の御来賓の方々にもお越し頂き、盛大に開催されました。

 

例会冒頭、2020年度理事長大畑雅敬君より、今年度掲げられたスローガン【つなげる輪 つながる和~ひとと心をつないで未来を創る~】へ込められた熱い想いを力強く表明されました。

また、この度3名の新入会員を迎えることとなり、永田有香君(Dog Salon ROCO)、松永拓磨君(株式会社松永牧場)、山口峰君(東京海上日動あんしん生命保険株式会社)の正会員認証式が行われました。

 

第114回定時総会では、2019年度の事業・決算報告があり、その後、2019年度理事長、監事へ感謝状が渡されました。新旧理事長による金庫の鍵の受け渡しが行われ、2019年度理事長須藤憲蔵君から2020年度理事長大畑雅敬君へ益田青年会議所理事長のバトンが渡されました。

TOPへ戻る