本文へ移動

公益社団法人 益田青年会議所
〒698-0033
島根県益田市元町12-7
益田商工会議所3F
TEL.0856-22-5002
FAX.0856-22-5606
E-mail.
masudajc@soleil.ocn.ne.jp


 
 
6
3
0
6
2
1

理事長所信

2022年度 理事長所信

所信と抱負

公益社団法人益田青年会議所 2022年度スローガン

挑戦

~いまここを超えていけ~

公益社団法人益田青年会議所

理事長 草野 祐一

【はじめに】

このまちに青年会議所の火が灯され57年の歳月が経つ。我々現役会員が生まれる前の話だ。このまちの明るい未来を描き先輩諸兄姉は青年会議所活動に取り組んでこられ、今日ここに我々が引き継いでいる。創始の時代と、今の時代では、人口、経済、社会情勢、価値観あらゆるものが異なり変わっている。変わらないものとして益田青年会議所があるということ。なぜ益田青年会議所は無くならないのだろうか、そこに我々が活動すべき目的が見えてくる。新型コロナウイルスの蔓延から急速に物事が変わり始め、全国的な会員減少が進むなかで、組織としての在り方も我々は問われているのかもしれない。しかしながら先輩諸兄姉がそうであったように、このまちの未来を描くのは我々青年の役目である。かつての偉人たちもまた青年であったように、いまこの時にしかできない事がある。これまでの歴史を継承し、青年としての英知と勇気と情熱をもって果敢に前進していこう。いま取り組んでいる活動が、益田青年会議所の未来、このまちの未来、こどもたちの未来を創っていくと信じて。

 

【基本理念】

長が変わる単年度制であっても、今日まで益田青年会議所は活動を続けてきており、伝統と引き継いできたことも多くある。大切にすべきことを捉え違えず継承していくこと、そして慣例ではなく時代に合わせて変えていく必要のあること、それぞれになぜそれをするのか、またしなければならないのか、我々が活動するうえで本当に守るべきことは何か、今一度目的に立ち返り活動していく必要がある。いまの益田青年会議所のあるべき姿を創るのは先輩諸兄姉でもなければ、このまちでもない、我々現役会員の役目である。青年会議所の名のもとに全会員で組織を描いていこう。

我々は青年会議所活動だけを行っているわけではない。仕事があり、プライベートがあり、青年会議所があり、一日24時間の決められた時間の中で生きている。また、青年会議所においては1年で一つの年が完結する。人生100年時代のうちのたった年だが、この年はあまりに貴い。時間は無限ではない、だからこそ自分の時間も他人の時間も決して無駄にしてはならない。どんな過ごし方をしても同じ年の時間ならば、とことん挑戦し、一歩でも前に歩みを進めて成長していこう。

人は一人では生きていけない。見える誰かや見えない誰かに支えられながら、いまこうしている。周りの善意に甘んじることなく感謝していくこと、また自分が誰かの支えになれる、そんなかかわりをしていこう。一人ひとりが一歩前に出てかかわっていくことで、今よりも少し明るい未来を拓くことが出来る。互いの成長の先に新たな道が拓けてくる。世の中はどこかでつながっている。

 

【基本方針】

★魅力ある組織に、そして多くの同志と共に

あなたはなぜこの組織に入会したのだろうか?知り合いを増やしたい、このまちを良くしたい等、理由はそれぞれ異なれども、青年会議所の使命は一つである。それはJCI MISSOINにある、“より良い変化をもたらす力を青年に与えるために、発展成長の機会を提供する事”である。社会により良い変化を与えることの出来る人財となるべく、青年会議所での活動を通してそのスキルを身につけていく。そしてそんな会員が集い地域の課題を解決して、明るい豊かなまちを築き上げていく。個々が成長していくことも然り、このまちを思う気持ちを育むことも然り、そうした会員が増えていくことでこのまちはより輝きを増す。心からこの益田青年会議所に、取り組みに、運動している自分に仲間に、自信を持ち発信していこう。そうすることで必ず思いに共鳴する同志が現れる。一人ずつひとりずつ同志を増やし、このまちを輝かせよう。

 

★益田青年会議所とは

 公益社団法人格となりまもなく10年を迎える。この間にも社会情勢、地域の現状、会員の構成を含め様々な事が変化してきた。そしてこれから先も情勢は変化していく。1965年に設立されこれまでの歴史も沿革もある。今一度益田青年会議所は何をすべき団体であるかを見つめ直し、その上で活動するにあたりどのような法人格であることが望ましいのか、議論を進めるべきである。また一方的な視点でなく複眼的に捉え、全会員が理解した上で進めていくことも忘れてはならない。益田青年会議所であるために。

内部で会の理解を深めることはもちろん、益田青年会議所はどのような団体であるか、まだ十分な認知がされていないのではないかと感じる。情報が多様化するなかで受け取り手に焦点を当てた広報を行い、十分に活動を理解して頂き、賛同して頂けるようにする必要がある。このまちの人から理解され、応援される組織でなければ、このまちを良くしていくことは出来ない。

 

★人を巻き込む力

互いに支え合い、助け合いながら、人とひとがつながる、そうした人間社会のなかに我々は生きている。意思疎通を図りながら互いに気遣い合うことでつながっている。コミュニケーションのツールもコロナ禍において様々な新しいものが出て活用されてきたことは周知のとおりである。便利になった反面、十分に自分の意図を相手に届けることが出来ているだろうか。また伝えたことがどれだけ相手の行動に影響しただろうか。どうすれば相手を巻き込むことが出来るだろうか、一人では変えることは出来ないほど小さな力でも、一人、また一人と巻き込んでいけばいつかは大きな力となる。強力に人とつながっていける力を育もう、必ずそれはきてくる。

 

★住み暮らしたくなるまち

近年多発する災害のニュースを聞いてつくづく思うことは、青年会議所の行うべき運動は第二象限であるということだ。世界においても、日本においても、このまちにおいても多くの問題が山積している。そんななか2020年度に中長期計画でこのまちへの取り組みを定めた。このまちに住みたい、暮らしたいと思う、選ばれるまちはどんなまちだろうか。多様化する価値観のなかで、このまちだからこそ提供できるものがある。このまちの価値を見つめなおし、地域の人財教育に活用し、活動に関心を示すひとを巻き込み、このまちを変えていこう。このまちの人が参加したい参画したいと思える事業こそ、このまちが求める青年会議所運動である。その先に思い描くまちが実現される。

 

★会員の力を結集して

毎年県内の青年会議所が持ち回りで主管し開催される島根ブロック大会。以前は会員大会と言われていたように、県内の会員が一堂に会する場である。周年とは異なり、前回のブロック大会を経験した現役会員もわずかしかいない。毎年開催の本大会の意味を今一度考え、歴史を継承し益田の地から島根県全土へ青年会議所運動を波及していこう。益田青年会議所らしい、益田青年会議所にしかできない島根ブロック大会を全会員で開催しよう。そうすることがこの県の成長、我々の成長につながってくる。

 

★十分に準備すること

 完璧な人間などいない、皆不完全である。うまくいくときもあれば、失敗するときもある。やってみないとわからないことが大半であり、やってもわからないこともあると思う。もう少し準備していればと思い返すこともあるだろう。何かに挑むとき、事前に手を打っておけば失敗の確率を下げることが出来るかもしれない。何事においても事前対応は必要である。当たり前のことではあるがそれが一番難しい。そうした原理原則に基づき邁進頂きたい。

 

【おわりに】

意識するしないにかかわらず、日々私たちは多くの選択をしている。いまの自分は過去の選択の結果で、これからの選択が未来を創っている。振り返ると後悔する選択もあったかもしれない。何かを選んでも必ず選ばなかった方の後悔をする。そうして言い訳を正当化しているのかもしれない。けれどその時悩んで出した答えは間違いなく正解であり、その選択を正解にしていく責任は各々にある。その為に全力で挑戦することだ。けれど失敗する。成功するまで失敗してもあきらめず挑み続けよう。皆さんは必ず成功する、それだけの力があると信じています。

 益田青年会議所の歴史を継承し、未来へとつないでいく為に、いまここを超えていけ。
TOPへ戻る