本文へ移動

公益社団法人 益田青年会議所
〒698-0033
島根県益田市元町12-7
益田商工会議所3F
TEL.0856-22-5002
FAX.0856-22-5606
E-mail.
masudajc@soleil.ocn.ne.jp


 
 
6
1
4
5
9
4

新着情報

キミの未来は希望の光!

みなさん、こんにちは。

今年度、教育青少年開発委員会では、キミの未来は希望の光!と題しまして
益田市教育委員会、津和野町教育委員会、吉賀町教育委員会よりご後援を頂き、
小学生対象の絵画コンテストを実施させて頂くこととなりました。

4月28日(水)より、キミの未来は希望の光!絵画コンテストの募集が開始となりました。
多くの小学生のご参加頂き、このまちの未来、そして未来の自分を思い描く事で創造力を育んて頂きたいと考えております。

宜しくお願いいたします。

絵画応募期間 4月28日(水)~5月21日(金)
絵画展開催期間 6月1日(火)~6月7日(月)
絵画展開催場所 キヌヤショッピングセンター 2階
授賞式 6月13日(日)

※応募頂きました作品は、6月11日(金)に益田青年会議所HPにて観覧していただけます。

2021年度 益田市教育委員会教育長へご挨拶をさせて頂きました。

みなさん、こんにちは。
教育青少年開発委員会です。

4月19日に益田市教育委員会の髙市和則教育長様と御挨拶をさせて頂きました。
近年の子ども達の様子やこれからの取り組みについてなど意見交換をし、有意義な時間を過ごさせて頂きました。

これから事業が本格化して参りますが、このまちの未来、このまちの子ども達の為に、教育委員会のご協力も頂きながら取り組んで参りたいと思います。

宜しくお願いいたします。





事業協賛金を募集しております!!

みなさん、こんにちは。社会開発委員会です。                                                          

今年度の益田青年会議所として、このまちに定住する人・一度出たこのまちに戻ってくる人・ⅠUターンでこのまちに住むことを検討する人を増やす事により、益田市・津和野町・吉賀町の人口減少スピードを低下させたいと考えております。
まちの活性化のためには、「ひと」が必要になります。そして、「ひと」が定住するには、「仕事」が必要です。このまちの魅力ある企業を見が見つかる!このまちの魅力あるひとが見つかる!そのような場を提供したいと考えております。
本事業は、子どもから大人、個人事業主から中小企業まで多くの方にご参加いただけるよう、参加者・参加企業ともに参加費を無料としております。
そのため、事業費の一部を本事業にご賛同いただける方からのご協賛金とともに開催させていただきます。
つきましては、趣旨に賛同いただき、事業開催に向けて協賛金を賜りたく存じます。

事業名称:【このまち応援プロジェクト~あなたの選択 このまちの未来に~】

日時:2021年7月11日(日) 会場:島根県芸術文化センター「グラントワ」中庭

□対象:
益田市・津和野町・吉賀町にお住まいの方、または、益田市・津和野町・吉賀町に居住を検討されている方。

□参加企業:
益田市・津和野町・吉賀町に事業所がある企業様

■ご協賛金額
1社/10,000円(1社1口とさせていただきます。)

■募集締め切り
2021年5月31日(月)まで

【ご協賛方法】

(1)申込書(PDF)を印刷してご記入のうえ、FAXにてお申込み下さい。または、益田青年会議所事 務局・会員にご連絡下さい。

FAXにてお申込みの際は、当青年会議所から折り返しご連絡いたします。

(2)お申込みをいただきました企業様には、当青年会議所の会員がお伺いし、ご協賛金の受取と領収書の発行を行います。

(3)ご協賛金は現金のみの取り扱いとさせていただきます。

※ご協賛いただきました際には、企業名を参加者募集チラシにて記載させていただきます。

□お問い合わせ先
公益社団法人 益田青年会議所
TEL:0856-22-5002(10:00~15:00土日を除く)



企業協賛申込書

(2021-04-28 ・ 93KB)

企業協賛用案内文

(2021-04-28 ・ 109KB)

4月例会

4月16日(金)19時より、4月例会が開催されました。

冒頭理事長挨拶では、4月4日に行われた献血活動について、献血いただいた地域住民の方々と参加してくれた会員にお礼の言葉を述べられ、目標であった60名の方々に献血のご協力をいただいたと報告されました。また、新型コロナウイルスで血液が不足している状況であるからこそ、この青年会議所の関わり以外にも、献血のできる機会があれば是非参加してほしいというお願いの言葉がありました。そして、4月に入り、本格的に対外的な事業が始まる中で、情報発信・広報の大切さやその努力についてお話しされました。

また、今月は一般社団法人安来青年会議所の遠藤理事長を始めとされる会員の皆様、そして一般社団法人島根大田青年会議所の酒本理事長をはじめとされる会員の皆様より、周年PRを頂きました。周年に対する会の思いと熱量を感じるPRをしていただきました。

例会運営では、教育青少年開発委員会より、このまちの子ども達が、希望に満ち溢れた未来を創造する力を育むことを目的とした「キミの未来は希望の光」を行いました。現代の子供達が置かれている環境や子供の遊びが与える影響などを学び、後半では事業のねらいや事業の運営方法についてメンバーで周知をしました。

そして3分間スピーチが行われました。今年のスピーチテーマは「自分の発信したいこと」とし、自分の考えを自分の言葉で発信できる会員の育成を目的としています。
今月は、総務広報委員会副委員長大畑文誉君が「自分が今趣味にしたいこと」についてスピーチし、社会開発委員会委員田原吏君が「水について」スピーチしました。




献血活動のお礼

4月4日に行われました献血活動に沢山の方に、参加、献血のご協力をいただきありがとうございました。今後も献血活動はございますのでたくさんの方のご理解ご協力をよろしくお願いします。

3月例会

3月19日(金)19時より、3月例会が開催されました。

冒頭理事長挨拶では、先日開催させた島根ブロックナイト参加のお礼とコロナが収まった後の予想される日本の姿についての話をされました。コロナが根絶した世界で少子高齢化社会である日本の労働力の変化や職業の変化など、変化に対応する力がこれからは必要になると話されました。

また、昨年11月に入会された田原吏君が社会開発委員会へ配属となり、今後とも委員会活動を始め、益田青年会議所の活動に努力していくとの前向きな言葉をいただきました。

例会運営では会員開発委員会による「変化に対応する力~自発性~」というテーマで自発性を積極的に行うことの重要性と、行動するために必要な要素について会員で共有しました。後半、各会員が現時点での人生のビジョンについて考え、そのビジョンについてグループのメンバーがインタビューをするというグループワークを行い大いに盛り上がりました。

そして3分間スピーチが行われました。今年のスピーチテーマは「自分の発信したいこと」とし、自分の考えを自分の言葉で発信できる会員の育成を目的としています。
社会開発委員会委員長の平井健君が「ゴルフについて」スピーチを行い、教育青少年開発委員会委員の髙野正彦君が「投資について」スピーチを行いました。

献血ご協力依頼

 4月4日(日)ゆめタウン益田にて献血活動を行います。新型コロナウイルスの影響で全国的に血液が不足している状態にあります。多くの皆様のご協力をよろしくお願いいたします。



島根ブロックナイト

3月6日(土)に安来の地にて島根ブロックナイトが開催されました。
今年は新型コロナウィルスに対して、会場に集まれない会員の為にZoomを併用したハイブリッドでの開催となりました。
益田青年会議所からは山本理事長、松本専務理事を含む計5人のメンバーが会場出席しました。
ブロックナイトでは、島根ブロック協議会の掲げる基本理念「自立した個が織りなす多様性を生かした持続可能な地域」を名田勝之島根ブロック協議会会長より伝えていただき、参加した各地青年会議所メンバーと共有することができました。
他にも各青年会議所によるPR動画もあり、各LOMの熱量を感じることができました。
例年とは異なる形の会とはなりましたが、時代に合わせた青年会議所らしい会となりました。


2月例会

2月19日(金)19時より、2月例会が開催されました。

冒頭理事長挨拶では、メディアリテラシーについて話されました。身近で得られる様々な情報を鵜呑みにするのではなく、自分で考え理解する能力がこれから大切になると話されていました。

また、昨年11月に入会された永田達也君が社会開発委員会へ配属となり、今まで以上に頑張っていきたいとの力強い挨拶がありました。

例会運営では会員開発委員会による「新しいJC宣言文~明るい豊かな社会のために~」というテーマで、19年ぶりに改定された新しいJC宣言文を理解するために、過去の宣言文の解釈や時代背景などを共有しました。グループワークでは新しい宣言文について解釈の考察をし、前回の宣言文との違いや、新しい宣言文を益田青年会議所に落とし込んだ考察を各グループで共有しました。

そして今年度初めての3分間スピーチが行われました。今年のスピーチテーマは「自分の発信したいこと」とし、自分の考えを自分の言葉で発信できる会員の育成を目的としています。
会員開発委員会副委員長の岩見基史君が「当たり前を再考することの重要性について」スピーチを行い、会計理事・事務局長の村木博君が「本との出会いについて」スピーチを行いました。

また、本例会ではメンバー34名全員が出席となり100%例会となりました。

1月例会・第117回定時総会

みなさん、こんにちは。

1月29日(金) 1月例会・第117回定時総会が開催されました。
今月は、新型コロナウィルスの感染拡大防止対策として、オンラインでのZoomを利用したWEB例会・総会を実施いたしました。
WEB例会・総会でしたが、シニアクラブ会長三浦桃子様をはじめとされるシニアクラブ役員の皆様、特別会員の皆様にご出席頂きました。

例会冒頭、2021年度理事長山本学君より、今年度掲げられたスローガン【生き抜く力~次代のために歯車を動かそう~】へ込められた熱い想いを力強く表明されました。

この度、1名の新入会員を迎えることとなり、堀翔君(堀建設株式会社)の正会員認証式が行われました。
また、2020年10月に入会された齋藤雄大君が教育青少年開発委員会への配属となり、今後の運動・活動に対して力強い挨拶がありました。

第117回定時総会では、2020年度の事業・決算報告があり、その後、2020年度理事長、監事へ感謝状が渡されました。新旧理事長による金庫の鍵の受け渡しが行われ、2020年度理事長大畑雅敬君から2021年度理事長山本学君へ益田青年会議所理事長のバトンが渡されました。
今後も感染防止対策に万全を期して邁進して参ります。

新型コロナウイルス注意喚起

皆様、こんにちは。

公益社団法人益田青年会議所では、新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、感染対策に関連する注意喚起を広めていきたいと思います。
現在、日本中、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスに、打ち勝っていくにあたり、「18の目標」を掲げ、一人ひとりが意識をしながら生活をすることで感染拡大防止に繋がっていくと考えます。

この「18の目標」は、愛知県の公益社団法人半田青年会議所が、持続可能な開発目標(SDGs)の図案から着想を得たグラフィックで、是非身近な所に掲示して頂き、手洗い・うがいの徹底、3密(密集・密閉・密接)を避けるなどは勿論の事、この18の目標を意識して生活して頂ければ、感染拡大防止の一助となります。


【新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) COVID-19 Contact-Confirming Application】
接触確認アプリは、本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(Bluetooth)を利用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができます。
利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで検査の受診など保健所のサポートを受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大防止に繋がることも期待されています。尚、接触確認アプリは、プライバシーへの配慮が為されております。
お使いのスマートフォンでダウンロードしましょう。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html


【益田市、津和野町、吉賀町 新型コロナウイルス担当課ホームページ】
新型コロナウイルスの誤った情報や噂話等に惑わされず、常に正しい情報を受け取るようにしましょう。
感染者や濃厚接触者などの個人を特定する行為や、誹謗中傷などの行為は絶対行わないでください。特に、インターネット上での誹謗中傷やSNS等への差別的な書き込みはしないようにお願いします。

益田市  https://www.city.masuda.lg.jp/site/coronavirus/
津和野町 http://www.tsuwano.net/www/contents/1584356968370/index.html
吉賀町  https://www.town.yoshika.lg.jp/bousai/koronavirus/koronataiou.html

新年のご参拝

新年、あけましておめでとうございます。
2021年1月4日(月) 公益社団法人益田青年会議所 正副会で高津柿本神社に参拝を致しました。
参拝に際し、今年1年間の事業の成功と会員一人ひとりの成長及びご健勝とご多幸を祈願させて頂きました。
天候にも恵まれ、今年のスタートを切るにあたって相応しい日となりました。
本年も会員一同、益田青年会議所の運動・活動に際し、精一杯尽力して参りたいと存じていますので、2021年も宜しくお願い申し上げます。

2021年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
平素より公益社団法人益田青年会議所の運動展開に対しまして、ご支援、ご協力を賜っておりますこと厚く御礼を申し上げます。
本年は「生き抜く力~次代のために歯車を動かそう~」をスローガンとして一年の運動を行って参ります。昨年より依然として、新型コロナウイルスは世界中で猛威を奮い、我々の生活にも影響を及ぼし、様々な変化をもたらしています。我々はこんな時代だからこそ起こりうる変化に対応し、当事者として問題解決に向き合い、ニューノーマル時代を見据えた運動、活動を行って参ります。
結びに、多くの市民の皆様、行政、企業、各種団体の皆々様の変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
2021年が皆様にとりまして、より良い年になることをご祈念申し上げまして、新年のご挨拶とさせて頂きます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年 元旦
公益社団法人益田青年会議所
第57代理事長 山本 学

一年間の御礼

2020年も残すところわずかとなりました。日頃より公益社団法人益田青年会議所に対しまして、格別のご支援ご協力を賜り心より御礼申し上げます。

2020年度、益田青年会議所は創立55周年の節目の年を迎え、『つなげる輪 つながる和 ~ひとと心をつないで未来を創る~』のスローガンのもと、多くの事業を実施して参りました。年当初より発生した新型コロナウイルスという今まで経験、また遭遇したことのない脅威に直面し、益田青年会議所の運動にも大きな影響を受け、多くの事業が変更、また一部中止に追い込まれました。
しかしながら私たちは、この変化の激しい状況の中、『変換』という言葉を胸に様々なことにチャレンジして参りました。会場参加とオンライン参加併用のハイブリット例会。また無観客で実施した益田市長選挙公開討論会では、ひとまろビジョンでの生放送に加え、YouTubeを使ってのLIVE配信にも挑戦致しました。
創立55周年記念式典では、参加人数規模は縮小したものの、多くの皆様方のご支援とご理解、ご協力を賜りまして、無事に執り行うことができました。この記念式典に関わって頂きました全ての皆様へ改めまして、衷心より感謝を申し上げます。

公益社団法人益田青年会議所は、2021年1月1日より、山本学君を理事長として、新たな組織体制で明るい豊かな社会の実現に向けまっすぐに突き進みます。引き続きのご指導ご鞭撻の程、心からお願い申し上げます。

一年間、本当にありがとうございました。

2020年度 最終監査

12月23日(水)、益田青年会議所事務局にて2020年度最終監査が行われました。

山見考司監事、友重拓哉監事の立会いのもと理事会・例会・各委員会議事録、及び、会計資料の監査を頂きました。

本年度は、周年事業もあり、また、その周年事業も含め、年度途中に様々な変更を余儀なくされた事業も多くありました。
それら活動内容が、会計・業務共に適性、妥当であると、両監事より監査報告書に署名を頂き、2020年度の活動も幕を閉じる事となりました。

来年度もまた素晴らしい年に出来る様、しっかりとバトンをつないでいきます。

益田の医療を守る市民の会

みなさん、こんにちは。
 
12月10日(木) 益田の医療を守る市民の会第7回役員会が行われ、当会から大畑雅敬理事長が出席して参りました。
 
今回の役員会ではミライツクルプログラムについて、保健文化賞受賞報告会について話し合われました。
 
関係諸団体と連携を深めていくことで、安心して暮らせる益田となるよう活動を行っています。

12月例会・第116回定時総会・卒業式・忘年会

みなさん、こんにちは。
 
12月5日(土) 12月例会・第116定時総会・卒業式・忘年会がオープンハートALiveにて執り行われました。
 
冒頭 理事長挨拶にて、大畑雅敬君より、この一年を振り返り、新型コロナウイルス流行の中、一度も例会を中止することなく無事この日を迎えられたこと、この難局に各委員会委員長始めメンバーが一丸となって事業成功に取り組んだことへの感謝を述べられました。また、この一年を通し益田シニアクラブの先輩方から多くの激励を頂いたことへの御礼を申し述べられました。
例会の中で、2020年度最優秀会員の発表があり、大谷和也君が受賞されました。
第116回定時総会においては、2020年度一般会計収支第1次補正予算書と、2021年度一般会計収支当初予算書が上程され、無事承認されました。
 
その後、卒業式が行われ、2020年度は須藤憲蔵君、大畑雅敬君、山見考司君、大谷幸子君、友重拓哉君の5名が卒業されました。田中事務局員の心温まる卒業生紹介の後、卒業生へ卒業証書授与と記念品が贈られました。またスポンサーの村上貴志先輩、吉田拓也先輩、山本尚先輩、阿知波伸二郎先輩、清水研治先輩からはお祝いのお言葉と花束が贈呈されました。多くの益田シニアクラブの先輩方、現役会員と卒業生を送り出す事ができました。
 
卒業式の後には忘年会が執り行われました。引き続き、多くの益田シニアクラブの先輩方、現役会員が参加し、忘年会余興では新入会員の自己紹介と共に55周年に因んだ楽しい企画を見させて頂きました。
最後に、益田シニアクラブの上杉将史様よりご自身の現役時代の思い出と今後のJCに向けたご挨拶を頂きました。
 

益田シニアクラブ忘年会

みなさん、こんにちは。
11月25日(水)益田シニアクラブ忘年会が荒磯館にて行われました。
益田青年会議所メンバーも多数の参加をし、PRタイムでは今年度の事業の報告と1年間のお礼をさせて頂きました。

11月例会

皆様、こんにちは。
11月20日(金)19時より、11月例会が開催されました。
 
冒頭理事長挨拶では、本年度の例会も残り2回となり商工会議所で行う最後の例会となる事、コロナ禍において、この場所でJCバッチを付けて相集い例会を行う事が出来る喜びを感じて欲しいと話をされました。また、卒業生スピーチでは卒業予定者の方々がJCへの想いをぶつけてくるので、拝聴者の方々はその言葉を変換して、自分の中に落とし込んで欲しいとの言葉を述べられました。
 
また、今月は、田原吏君(田原水道工業有限会社)と永田達也君(社会福祉法人暁ほほえみ福祉会)が入会されました。正会員認証式を行い、理事長よりバッジと認証書が受け渡されました。
 
例会運営では、会員開発委員会による「卒業生スピーチ」が行われました。今月は山見考司卒業予定者、大畑雅敬卒業予定者、須藤憲蔵卒業予定者にスピーチして頂きました。お三方とも携わってきた青年会議所での想いや、ターニングポイントなど、それぞれが経験した事とこれからのメンバーへの熱い想いが、当LOMメンバーへと届けられました。

Instagramについて

公益社団法人益田青年会議所【Instagram】公式アカウント開設のお知らせ

みなさん、こんにちは!
この度、公益社団法人益田青年会議所【Instagram】公式アカウントを開設致しました!
                   
本年度、Facebookと合わせ更新を行って参ります。
なお下記URLを記載致しますが、アプリでは「masudajc」で検索して頂いても大丈夫ですので、
皆様のフォローを是非ともお待ちしております!
 

益田青年会議所 入会案内

Facebookページもご覧ください

 

公益社団法人益田青年会議所プロモーションビデオ

益田青年会議所の歴史をご紹介します。
是非ご覧下さいませ。
 
TOPへ戻る