公益社団法人 益田青年会議所
〒698-0033
島根県益田市元町12-7
益田商工会議所3F
TEL.0856-22-5002
FAX.0856-22-5606
E-mail.
masudajc@soleil.ocn.ne.jp


 
 
5
6
3
8
3
3

青年会議所とは

青年会議所とは

 青年会議所 (JC) は"明るい豊かな社会"の実現を同じ理想とし、次代の担い手たる責任感を持った20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。青年は人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できる。
 

青年会議所のおこり

 1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所 ( 商工会議所法制定に伴い青年会議所と改名 ) 設立から、日本の青年会議所 ( JC ) 運動は始まりました。共に向上し合い、社会に貢献しようという理念の下に各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所 ( 日本JC ) が設けられました。 現在、全国に青年会議所があり、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所 ( JCI ) のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。
 

益田青年会議所のおこり

 1965年2月、沢江栄一氏、大畑駒治氏、木河伝明氏、岩国清氏の4人は、浜田JCの坂田英司理事長と山久瀬茂夫山陰ブロック協議会会長(松江JC)から益田青年会議所設立を勧められ、世話役として賛同者を募ることにした。しかし、想定した人数を集めることができず、いったん断念せざるを得なかった。大きな挫折を味わった4人であったが、益田の地に青年会議所運動の火を灯す志は止みがたく、再度発足に向けて立ち上がる。不屈の努力が実り、ついに1965年6月15日、津田屋別館において設立総会を挙行するにいたる。創設会員51名の中から初代理事長・安野次雄氏を始め理事12名、監事2名が選任され、益田青年会議所はスタートした。同年9月12日、日本青年会議所から承認され、認証番号303番を受ける。社団法人格を許可されたのは、1976年11月15日である。公益社団法人格を認可されたのは、2013年2月1日である。